愛犬に食べさせてはいけないものとは

Posted on 2017.9.13 By

普段人間が食べているものの中には犬にとって命に関わる危険な食べ物もあります。その為、食べさせてはいけないものを愛犬が欲しがるからと言って与えてはいけません。しかし、中には与えてはいけないと知らずに何度も食べさせていたという方もいるでしょう。犬と一緒に長く生活をするためにも食べさせてはいけないものは頭の中に入れておきましょう。

具体的に食べさせてはいけないものの種類は何百種類と存在します。その中でも与えることで命に関わる危険性がある食べ物について説明します。まず1つ目が玉ねぎや長ネギ、ニンニクです。これらは中毒を起こす危険性があり、特に玉ねぎ中毒は溶血性貧血や高カリウム血症となり命を落とす可能性もあります。与えてからでは遅いので絶対に食べさせないように気を付けましょう。

またぶどうなども気をつけるようにしましょう。フルーツの中にはドッグフードにトッピングすると良いものも存在します。しかし、ぶどうなどの果物は逆で命に関わる可能性があります。肝機能障害を引き起こす可能性がある食べ物とされており、犬によっては二日ほどで悪化して命を落とす可能性もあります。このように、犬に食べさせてはいけない食べ物は多いので注意しましょう。

未分類


グレインフリーのドッグフードについて

Posted on 2017.9.12 By

グレインフリーという言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。グレインフリーとは簡単に説明すると穀物が不使用だということです。特にドッグフードには増えており、買う人も増えています。穀物が不使用だと良いと言いますが、絶対に与えてはいけない食べ物かと言うとそうではありません。具体的には大量に与えると良くない食べ物だということを知っておきましょう。

では大量に穀物類を食べさせてしまうと犬の健康にどういった影響を与えるのでしょうか。犬は本来肉食動物ですので、穀物類の消化が苦手です。そのため、大量に与えると消化することができないので消化不良を引き起こす恐れがありますし、便通も悪くなります。

また、何といっても大量に与えることでアレルギーの可能性も出てきますし、一番必要な栄養を摂ることができないのも問題です。穀物の中にはトウモロコシや麦などが含まれます。これらはアレルギーのリスクを高めますし、タンパク質が摂れないので栄養不足になります。

しかし、グレインフリーのドッグフードなら穀物が不使用で良質な原材料が含まれているものが多いです。無添加と同じように健康管理を考えるなら選んだ方がいいドッグフードです。

未分類


健康管理のための無添加ドッグフードについて

Posted on 2017.9.11 By

添加物という言葉を聞いたことがある方もいるかと思いますが、具体的に添加物とは何かというと着色料や保存料、香料、人工甘味料などです。人間も添加物と聞くとあまり良くないイメージを持ちますが、実はドッグフードによっては人間が口にする以上に添加物が含まれている場合があります。しかし、今ではそういったドッグフードをなくそうと無添加のドッグフードも増えています。では無添加にすることの利点は何なのでしょうか。

まず体調改善です。添加物が含まれていると少量では異常は出ないと言われていますが、長く摂取し続けるとガンなど病気のリスクも高くなります。また、ちょっとした健康の悪化にも繋がります。無添加にすることで便通が良くなったり、毛の艶が良くなったり、病気のリスクを下げられるなど色々な利点があります。

また、アレルギー体質も改善させることができます。添加物が含まれていても穀物ではなく肉類なら問題ないだろうと思っている人もいますが、肉の加工で添加物が使用されることもあります。それが原因でアレルギーになる犬もいるので、注意が必要です。無添加なら加工の段階で添加物が使用されることもないのでアレルギーのリスクを低くできます。

未分類


犬の健康管理のために必要な栄養

Posted on 2017.9.8 By

人間の健康管理には食事や運動などがありますが、犬も同じで食事と運動は健康管理には必要不可欠です。しかし、人間は自分で健康管理をしようと思えば簡単に行えますが、犬たちは飼い主に与えられたご飯を食べ、飼い主のタイミングで散歩をします。飼い主が健康管理をすることになるので、犬と一緒に生活するなら健康管理のこともきちんと考えるべきです。その中でも食事はとても大切です。まずは健康管理のためにも必要な栄養について知っておきましょう。

まず犬には水分が人間と同じように必須です。犬の体重の半分以上は水で占めています。水分補給をしないと生きていけないですが、水分を用意するのも飼い主ですので、なくなったら定期的に入れてあげるようにしましょう。

続いて必要なのがタンパク質です。人間は炭水化物を主食に摂取することが多いですが、犬は主食が炭水化物ではなくタンパク質です。その為成長期などは高タンパクのドッグフードを与えることが好ましいと言われています。タンパク質は必要な栄養素の中でも特に大切なものです。

その他にもビタミンやミネラルも犬には必要です。これらは体調を整える働きがあり、皮膚を強く保つなどの働きをしてくれます。近年ではしっかりと摂取するためにサプリメントなども用意されています。

健康管理には食事が大切です。ここでは具体的にどのようなドッグフードが良いのかということと、食べさせてはいけない食べ物について紹介します。

未分類